最近始めたこと

ごく最近私はジョギングを始めました。
ジョギングと言ってもランナーのようにきついものではなく、TVでも取り上げられたことのあるスロージョギングです。

スロージョギングとは、はや歩きより遅く歩行より早いペースでジョギングを行う運動です。
始めようと思ったきっかけは、ただ単に痩せたいからで痩せるのに手っ取り早いと思い目をつけたのがジョギングだったからです。

以前もジョギングをした事があるのですが、今よりも太っていたため速いペースのジョギングは足に負担がかかりすぎ、脛が痛くなってそれ以降ジョギングを止めてしまった事がありました。
なので体重を少し減らし前回の失敗したやり方のジョギングを辞め、スロージョギングを始めた所なんとも気分的にも良く、足の負担もなくなったようで順調に行きました。

私は身体を動かすのは苦ではなかったためジョギングが向いていましたが、ダイエットで痩せたいと思ってる方は一度スロージョギングを試してみて下さい。

太ってるから恥ずかしいと思ってる方は私も昔はそう思っていましたが、今の体型の方が恥ずかしいと思ったらジョギングすることへの恥ずかしさはなく無くなりました。
やる気があるのにそれを実行しない事はとっても勿体ないと思いますよ。

好きなフルーツと好きなフルーツ味

最近、友達と2人で話していた話題なのですが、
「好きなフルーツと、好きなフルーツ味のお菓子やゼリーなどは同じとは限らないよね」と。
もちろん同じ人もいるでしょう。
でも違う人も多いのではないかと思います。

例えば私はオレンジ味とマスカット味が好きです。
でも実際のフルーツとしてのオレンジやマスカットはそんなに好きじゃないんですよね。
だってどちらも皮を剥くのが面倒に感じるんです。
それに酸っぱいし。手も汚れるし。
なので、オレンジもマスカットもフルーツのほうは全然食べないんですよ。

でもアイスでは良くオレンジ味のものを選ぶし、ゼリーも大体オレンジ味かマスカット味のものを選びます。
あとは最近はハイチュウのマスカット味が期間限定で出ているので、
これもよく買っていますね。

私の友達はイチゴポッキーは大好きだけど、実際のイチゴは酸っぱくて苦手らしいです。
練乳をかければいけるらしいですが。
実際のフルーツとそのフルーツの味の印象から作られた製品はやっぱり違いますね。

はねるのトびらが放送終了。

フジテレビの人気バラエティ番組「はねるのトびら」が放送終了するそうです。
私も楽しみに見ていたので残念です。どうして終わってしまうのでしょう。
発表時の説明では若手を発掘し鍛えるという役目を終えたとされています。
確かに番組開始当初は無名だったお笑い芸人たちが、
いまでは一定の存在感を業界で確保した感じはあります。
いわゆる中堅どころとして安定した活躍を
テレビ画面で見ることが出来るのは嬉しいことです。
しかし「はねるのトびら」が始まった頃から見守ってきたファンとしては
勝手な思いが募り、なんだか彼らのホームグラウンドが
なくなってしまうような気がして悲しい感じがします。
もちろんイチファンの勝手な思い込みではあるのですが、
出演者たちもひょっとしたら少しでも同じように
感じてくれていたら応援してきた甲斐があったというものです。
お笑い芸人は世代交代がなかなか進まず
若手は苦労しているそうですが、
この「はねるのトびら」出演者の中から
新しく天下をとる芸人が現れることを期待しています。

卵を片手で割りたい

料理をしていてできたら便利だろうなと思う技術があります。それは卵を片手で割ることでです。
両手で割れれば十分で、別に片手で割れても便利じゃないと思うかも知れません。実際、卵を割って容器に入れて使えばそれで済むと思います。
だが、容器に入れるとなると手順が一つ増えますし、何より洗い物が一つ増えてしまいます。特に後片付けは面倒なだけと思う私にとってはこれは重大な問題なのです。
そんな訳で卵を片手で割ろう練習していますが、なかなか上達しません。
一つは練習といっても普段卵を使う場合に片手割るので、練習量がそう多くないからです。無駄に卵を使う気もないし、卵ばかり食べる気もないし、一人暮らしなので消費量もそう多く無いしと、まあやむを得ない所でしょうか。
もう一つは利き手では無い方の手で割ろうとしていることです。
これは利き手側で箸等で攪拌している所に割り入れられなければ、片手で割る意味がないからで、利き手使うのであれば今度は箸を持つ方を利き手でな無い方で使わねばならないから、更に困難になってしまうでしょう。
それでも長らく卵を割る時は片手でを貫いて来たおかげで、なんとかそれなりに割れるようになって来ました。
ただまだなれた動きには遠くスムーズさにも欠けるので、不自由なく片手で卵を割れるまでにはまだまだ練習が必要のようです。

AC

公共広告機構ではありません。ゲームです。アーマードコアです。初代シリーズから、プレイしている古参です。
私はこのゲームが大好きなんですが、決して普及率は高くはないんですよね。対戦相手を探そうにもリアル世界にはほとんど見つかりません。
かといって、オンライン環境もあんまり整っていないんですね。悲しいかな。
そこで、面白さを世間に広めたいと思います。
このゲームの最大の特徴は、カスタマイズの自由度の高さです。このゲーム以外にもカスタマイズ要素の多さを自慢にしているゲームは数多くありますが、頭、胴部、腕部、脚部、ブースターなどの外装はあたりまえ、エネルギーを生み出すジェネレータ、火器管制を行うFCS、2シリーズ以降追加された、冷却機能を司るラジエーターなど、内装までいじれるところが他のゲームと決定的に違うところであり、非常に良いところです。
4シリーズには、スタビライザーとよばれる、機体のバランスを調整する超細かいパーツまで追加されてますが。
チョロQシリーズや、カスタムロボシリーズなど、様々なカスタマイズゲームを遊んできましたが、ここまで多彩な要素をもっているゲームはなかったですね。
ACシリーズを知らない方は、ぜひ試しにやってみてください。

冬の困りごと

冬と言えば寒い!!・・・って当たり前ですが。
寒いとついつい暖房つけて、ホットカーペットつけて・・・って調子乗ってやってたら、電気代がすごいことに!!びっくりです。寒いのは本当に苦手です。
でも、電気代節約の為、エコの為、今とっても活躍してくれてるのが、湯たんぽ!です。
ひざにちょこんと乗る位のちっちゃいサイズの湯たんぽですが、これがばかにできない温かさ!
心も体もなんだか湯たんぽの心地よい温かさでほっこりしちゃいます。
何故、早く気がつかなかったんだろう;;今では朝に湯たんぽ温めて、夕方にまた湯たんぽ温めて、寝る前に温めて・・・と大活躍してくれてます。もう手放せません!大好きです!!

まつ毛のメイクに時間をかけてしまったので

私はまつ毛が薄いので、メイクにむちゃくちゃ時間をかけてしまうせいか、料理で手を抜いてしまうんですよね。
たまたま見ていたテレビのバラエティ番組で、「鶏の唐揚げ」の裏ワザ調理法を紹介していました。家庭で簡単に「プロの唐揚げ」を作れるというものです。
裏ワザのポイントは2つ。小麦粉や片栗粉の代わりに米粉を使うことと、「焼肉のタレ」で味つけすること。見ながら私は「やっぱりあれでよかったんだ」と思い、うれしくなりました。
というのも、私も鶏の唐揚げの味つけにはいつも、焼肉のタレを使っているからです。

私は料理はきらいではありませんが、手間はできるだけかけずに作りたいと思い、自己流の「手抜き術」をいろいろ考えています。
その1つが味つけ。やれ、しょうゆだ砂糖だみりんだ酒だと、多種類の調味料を入れて、いちいち味見するのはとても面倒で、量を間違えれば失敗にもつながります。そこで、市販の焼肉のタレやめんつゆを使うのです。
煮物はすべてめんつゆ。焼肉のタレもそうですが、専門の会社が研究を重ねて作り上げた味ですから、まずかろうはずがありません。少なくても私のようなしろうとが「ああでもない、こうでもない」と調味料を混ぜるより、おいしいのは当然で、失敗はありえません。
番組を見ながら「手抜き料理はつまり合理的な調理方法なんだ」と、あらためて感じました。
この次、唐揚げを作るときはぜひ「米粉」を使ってみたいと思っています。

チャイ

インドカレーは、家族みんなの大好物です。大きなアツアツナンと一緒にスパイシーなカレーを頂く時間は最高です。それに、私はチャイが大好き!前世はきっと、インド人だっただろうと思うほどです(笑)
チャイは、スパイスが香る独特のミルクティー。絶対に日本にはない味でしょう。一口飲んだだけで、すっかり異国ムードになれるのです。
インドは、やっぱり一度は行ってみたい国です。あんまり年を取らないうちに、是非足を運んでみたいと思っています。そして、本場のカレーも是非頂きたいと思っています。
チャイを飲んで、とりあえずは我慢しておきましょう。

ルースだけの婚約指輪

最近の婚約指輪って、予めカットされた既製品ではなく、宝石のルースだけを贈る事も出来るんですね。

そのルースを使って、二人で話し合いながら、希望のデザインの婚約指輪を作ってもらう事が出来るとのこと。

いいですね(*^ー^*)

勿論、イチから丸ごとオーダーメイドとなると費用がかかってしまいますが、女性の希望を聞きながら二人で一緒に完成させる、というのがとても素敵だと思います。

既製品でも、指輪のデザインごとのテーマやネーミングが豊富で、女性のイメージにぴったりなテーマのデザインを選ぶ事ができたり。

とても優しくてロマンチックで、女性は嬉しいだろうなあと思います。

久しぶりに・・

地元に帰って来ました。新幹線で1時間17分からの車で約1時間半の計2時間45分!遠すぎる。でも、高速使うと、プラス2時間はかかるから、少しは時短になりました。友達とも、会いたいし、年末の大掃除など、毎日ハードスケジュールです。
そんな中、先日たまたま行ったコンビニに、小中学で絡んでいた友達が入って来ました。しかし友達は、通り過ぎ私に気づきませんでした。
なんか、少しショックですよね?確かに、帰る時くらいしか、地元の友達には、連絡しませんから、仕方ありませんよね。異性ともなると特に!
なんか、だんだん交流減ってきてるなぁって、今回感じました。まだ、少し日数も残っているので、気を取り直して悔いのない地元ライフを満喫してきます。