子供の頃の夏休みの宿題

夏も終わりが近づいてくると、子供の頃に必死にやっていた夏休みの宿題を思い出します。

性格的に夏休みが終わるギリギリになってから、焦って宿題をやりだすタイプでしたので、毎日やらなければならない日記や天気を付けるものに関しては、本当に苦労しました。

そんな私が張り切ってやっていた宿題は図工や絵画と自由研究でしたね。

自由研究のテーマといえば「アサガオの研究」などがありますが、こういった植物の自由研究は毎日観察し続けなければならなりませんから、もちろん日記すら付けれない私には向いていないのでテーマにする事はありませんでした。

私がテーマにしたのは「アリの研究」というもので、アリは一体どの食べ物が一番好きなのか?という子供ならではの研究をしていました。

当然アリは甘いものをめがけて群がっていたと思うのですが、一日で観測を終える事が出来るものを選んでいるあたりが、なんとも自分らしく今でもその性格は変わらないなと思います。