まつ毛のメイクに時間をかけてしまったので

私はまつ毛が薄いので、メイクにむちゃくちゃ時間をかけてしまうせいか、料理で手を抜いてしまうんですよね。
たまたま見ていたテレビのバラエティ番組で、「鶏の唐揚げ」の裏ワザ調理法を紹介していました。家庭で簡単に「プロの唐揚げ」を作れるというものです。
裏ワザのポイントは2つ。小麦粉や片栗粉の代わりに米粉を使うことと、「焼肉のタレ」で味つけすること。見ながら私は「やっぱりあれでよかったんだ」と思い、うれしくなりました。
というのも、私も鶏の唐揚げの味つけにはいつも、焼肉のタレを使っているからです。

私は料理はきらいではありませんが、手間はできるだけかけずに作りたいと思い、自己流の「手抜き術」をいろいろ考えています。
その1つが味つけ。やれ、しょうゆだ砂糖だみりんだ酒だと、多種類の調味料を入れて、いちいち味見するのはとても面倒で、量を間違えれば失敗にもつながります。そこで、市販の焼肉のタレやめんつゆを使うのです。
煮物はすべてめんつゆ。焼肉のタレもそうですが、専門の会社が研究を重ねて作り上げた味ですから、まずかろうはずがありません。少なくても私のようなしろうとが「ああでもない、こうでもない」と調味料を混ぜるより、おいしいのは当然で、失敗はありえません。
番組を見ながら「手抜き料理はつまり合理的な調理方法なんだ」と、あらためて感じました。
この次、唐揚げを作るときはぜひ「米粉」を使ってみたいと思っています。